TOGO DESIGN

トップ  仕事  設計事務所概要  雑記




イッシキハウス
幡豆郡一色町(2010)





敷地の南には畑が広がり、三河湾の潮の香りが風に乗って届きます。


この住宅は、建物のボリュームを本当に必要なだけのサイズに抑え、構造及び仕上げ材料のロスを減らし、生活に支障のない範囲で間仕切りを最小限に抑えるなど、さまざまなマイナスのデザインを試みました。
また将来2世帯住宅として使われる予定であり、その時の状況に対応が可能なよう計画しました。



南側道路より
塀の下だけ開ける事により外部からの視線は遮るが、地面が連続することにより開放感が得られます。浮いた感じも軽やかです。



外壁:ガルバリウム鋼板、桧下見板
屋根:ガルバリウム鋼板
塀:桧板貼り



道路より。



居間より庭を見る
外部の視線が遮られている為、開放的に過ごせる室内。



1階の間仕切りは便所や浴室を除き、このピンクの壁のみです。
このピンクの壁の中には階段があります。階段は1階から2階の途中で切れていますが。。。



台所と食堂
床と天井(全室):カバ無垢材
壁(全室):プラスター左官仕上
壁も床も無垢な手触りが心地よい。



1階には水周り以外の間仕切りがほとんど無く、居間と食堂が見え隠れしながら連続しています。
また、敷地を囲むように設けた塀はプライバシーを確保するとともに、1階の室内を開放的に使用することを可能にしています。



ピンクの壁の中の階段。



二階の部屋。



写真正面は将来2部屋の子供部屋になります。
新たに壁を造ることなく、建具をはめ換えるだけで二つの部屋ができます。








プライバシーを保ちつつ開放的な庭。







ー専用住宅ー
木造2階建
敷地面積:182.72㎡(55.27坪)
述床面積:104.34㎡(31.56坪)




他の仕事を見る



設計事務所概要



雑記


お問い合わせ
E-mail : master@togodesign.jp


© 2018 togo design